アナウンサーが、避けて通れない準備体操、外郎売

神戸アナウンススクールです。
滑舌の練習。
これはアナウンサーを目指す人に限らず、
人前で話す機会のある人は、必ず練習が必要です。

滑舌が悪いと、いくらお腹から声を出しても、言葉が相手に伝わりません。
相手の耳に言葉がスムーズに入って行くように、明確な発音をすることはとても大切。
ハッキリとした発音は、文章の内容を的確に相手の意識に残すことができます。

朝、準備体操をするように、滑舌をよくするために、
口の動きと喉のウォーミングアップをしてみてください。
普通の何気ない会話も、相手にしっかりと伝わるようになりますよ。

神戸アナウンススクール
新規生徒募集中!
2019年12月30日まで
体験レッスン1回無料キャンペーン実施中!

現役アナウンサーによる、少人数レッスン。
あなたも体験してみませんか?

お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

関連記事

  1. 日テレのエレベーターの中が すごいことに!

  2. バレエフェスティバル 影アナウンス実習

  3. レッスン空間も重要

  4. アナウンサー採用試験、面接は3秒で

  5. 高校生も大学受験対策で受講

  6. クレジットカードでのお支払いも可能です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。